リスク・トラブル

チャットレディ消費税10%の影響と対策

投稿日:

 

今年10月から消費税が現行8%から10%に増税されることは周知のとおり。

消費税増税はライブチャットにどんな影響を及ぼすのか考えてみましょう。

増税後も楽しく続けるための対策も提案しています。

 

消費税2%の増税は日本国内のライブチャットも対象です。

 

会員が支払う料金に2%上乗せすれば客足が減る。

インチキの統計を修正したら実質賃金が下がってた…、やっぱり好景気は嘘だったと昨日のニュースが報じてました。

生活の様々な場面で消費税負担が増えて、ただでさえ利用者は大幅に減るでしょうから、そんなタイミングでライブチャットの料金値上げは困難です。

 

サイト運営会社が2%負担して料金据え置きする余裕はない。

10年前のような集客数ならサイト運営会社が負担する余力もあったでしょうが今は不可能です。

勘違いしてる熱血代理店とは裏腹にサイト運営会社は冷静ですから捨て身の覚悟なんかありませんし。

 

代理店やパフォーマーの報酬から2%を引けば出演者が消える。

もし当社ならば所属パフォーマーに半分負担していただくような方法をとるかもしれません。渋々容認していただけるかもしれませんがモチベーションは下がるでしょうね。

そこまでして国内のサイトに注力する意味はないと考えてますが。

 

どの方法でも国内ライブチャットの市場は今よりさらに悪化するのです。

 

海外ライブチャットへの影響は?

海外ライブチャットについては日本国内の消費税は直接関係はありませんので大勢に影響はありませんが、日本からの利用はわずかながらでも減少すると予想します。

 

消費税10%になっても困らないチャットレディになるために

消費税増税まであと6か月ちょっとになりましたが、施行されれば国内ライブチャットは10月からいきなりお客さんは減ると予想してます。そう予想するのが安全でしょう。

その時に困らないようにするためには、今から海外ライブチャットで「自分のお客さん」を作っておけば悲しい状況は回避できます。

チャットレディは楽しいお仕事ですが、大きな額のお金に係るお仕事でもありますので冷静に慎重に対策しておくべきです。

 

海外ライブチャットレディ募集中

 

 

-リスク・トラブル

Copyright© 海外ライブ配信サイト専門プロダクション ネットスターズ , 2020 All Rights Reserved.